FC2ブログ
こっそりと声活動中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
昔の話。
2009-07-27 Mon 19:47
ただの昔の思い出話です。

応募受からないなーと悩んでる方がいらっしゃればいいなーとか思いながら。。。



-------------------------------


今はありがたく8件のお仕事をいただけておりますが、

昔、別HNで活動していた頃、

それはそれは全然ガヤにも採用していただけない頃がありました。


初めてのお仕事をいただくまでに30企画くらい応募・・したのかな?たしか。

何が悪いのか、ノイズは自分が聞く限りないけれど実は他の人には何か聞こえているのではないかなど、

ものっすごい悩んで悩んで悩みまくりました。

私も役をもらって声を吹き込んでみたい!という気持ちとはウラハラに、自分の名前のない結果発表だけがいくつもいくつも発表されていきました。

今考えると演技力以前の問題で、どんだけゆるーりと話すんだよ。。っていう感じなんですけどね;

まぁ今でも口調がゆっくりなのが治っていません。うん。。


のちのち「応募してくれた方全員採用します!」とか「先着順」とか「募集キャラクター57名」とか

自分でも役をいただけそうな企画様がチラホラ出てくるのですが、

この悩んでた頃にはそのような企画様も出てきませんでした。



それで。

あまりにも悲しくなって、

「今この凄く気に入ってる企画様で受からなければ、一旦止めよう」という決意をしたのです。

絵も、世界観も、ストーリーも、キャラクターも、全て凄く好きになった企画様がいらっしゃったので、

何度も何度もリテイクし、納得したものを送らせていただきました。

そして、結果発表の日。

私は当時朝からPCをつけるクセがあり、高校生の制服を着たあと、PCの画面に食いつきました。




すると。


そこに名前が、あったのです。

サブキャラクター。応募外採用。


何度も何度も自分の名前か確認し、同姓同名ではないかと疑い(そんなありふれた名前じゃなかったですけどね)

最後に感激して涙を流してしまいました。


自分の名前がそこにあって、

しかもどうしても参加したいと思っていた企画様で、

ちゃんとガヤではなく役名があって。



その日一日は興奮が全然冷めなくて授業も全然耳に入ってこなかったのを覚えています。

ちゃんと座って教科書も開いているのに、全く耳に入らないまま50分が過ぎる。

あんなことってあるんだな、と、その当時思いました。



それから。

その1件が受かってから、地道に1件1件と、役をいただけるようになってきました。

と言ってもガヤがほとんどで、良くて応募外サブキャラクターでした。

(今ってそういえばあんまりガヤ採用無いですよね、あの当時ガヤ採用が多かった自分としては何とも悲しい気が。。)

メインキャラクターに全く受からず、自分が応募したボイスが全然そのまま使われた事のなかった(応募外採用だとサンプルボイス収録し直しなので)私は、

自称サブガヤボイスコでした。

(今考えると採用してくださった企画者様にすんごい失礼ですね´-`;)



ただ。

サブガヤボイスコとはいえ、CV発表に名前が何回か出ていると、

CV応募した企画者様の方で「あれ?この人知ってる」という現象が発生します。

そして(自分が企画者を経験した事もあるのでそう思うのですが)この人とりあえずガヤに採用しておこうという謎な意識が働きます。

するとまたサブガヤボイスコのガヤ数が上がり、そしてまた少しだけ知名度も上がります。


なんというか、悪循環ですね´ω`;



今、阿知波と名乗っているのは、

その過去の仕事件数というのに拘らず、今どれくらいの力量でどこまでいけるのか試したかったというのがあったりします。

また仕事件数0件から始まった私を、本当に採用してくれる人がいるのか。

知名度(言うほどのものじゃないですけど)での採用を全くゼロにしても自分はやっていけるのか。



そしていつかは昔の自分に勝ちたいな。と、そんな気持ちでいたりします。

・・・でもたまに、昔のHNが懐かしい時もあったりします。´ω`




最後に。

今全く役をいただけなくて挫折しそうになってる方。

30件落ちようが40件落ちようが、頑張ればいつか成果は出ます。

どうしてもダメな時は、上手い人のマネだってアリだと思います。

そこからどんどん自分オリジナルな色を出していけばいいと思います。

とにかく、挫折しない事が一番だと思います。うん。



そして、初めての役で泣いて喜ぶ人がもっといればいいな、と思う阿知波でした。
スポンサーサイト

別窓 | 声活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゲーム | 阿知波隠れ家。 | ほんとに>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 阿知波隠れ家。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。